いこいこ糸島糸島市観光協会公式ホームページ

お問い合わせ

一般社団法人糸島市観光協会


WWW このホームページ内を検索

雷山千如寺大悲王院の紅葉

糸島の秋を彩る県下有数の巨木
雷山千如寺大悲王院の楓(紅葉)

雷山千如寺大悲王院の楓(紅葉)

天平14年(742年)に開山されたと伝承される千如寺。大悲王院は宝暦2年(1752年)に黒田継高公が建立した建物です。中には鎌倉時代作の国指定重要文化財「木造千手千眼観音立像」と「木造清賀上人座像」が安置されています。
境内には福岡県の天然記念物にも指定される樹齢約400年の大カエデがあり、11月の紅葉時期には真っ赤に色づいてたくさんの参拝者が訪れます。
 

雷山千如寺大悲王院の楓(新緑)

雷山千如寺大悲王院の楓(新緑)

また、大悲王院から少し登ったところに雷神社があります。ここには県指定天然記念物である樹齢900年のイチョウ、250年のモミの木、400年以上のイロハカエデ、1000年を超す県指定天然記念物の観音杉があり、11月上旬には紅葉も見ごろを迎えます。
 

場所 糸島市雷山626
問い合わせ 092-323-3547(千如寺大悲王院)
拝観料 境内拝観自由(但し、11月1日から30日までは大人100円)、
本尊等拝観は大人400円(団体20名以上300円)子供(中学生以下)は無料
定休日 なし
交通 JR筑前前原駅から雷山観音前行バス30分。終点徒歩7分
駐車場 150台(3か所ありますが、紅葉シーズンにはほぼ満車状態です。なるべく午前中、10時ころまでの到着をおすすめします