いこいこ糸島糸島市観光協会公式ホームページ

お問い合わせ

一般社団法人糸島市観光協会


WWW このホームページ内を検索

スタッフブログ

第1回 歴女・史男の伊都国マンポー開催報告!

 新年度から「歴女・歴男のウォーキング」を「韓国オルレ」に対抗して「歴女・史男の伊都国マンポー」と改称、マンポー旋風を巻き起こすぞと張り切っていましたら、早速糸島市NPOからウォーキング開催依頼が舞い込みました。
しかし新春とは言え3月初頭の開催は新年度の行事と天候の不安定で心配していましたが、この日の雨予報にも関わらず30名近くの参加者となりました。コースに盛り込んだ笹山公園の桜もまだ蕾、ハーブ園の香草も寒さに震えていました。でも参加者と案内スタッフの熱意に天気は絶好のウォーキング日和となりました。
そして本日のガイド総括リーダー友岡由美子、準備体操担当原田ツル子両氏の笑顔に受付前の梅の花も満開、参加者の励みとなりました。
古材の森レストラン(西原家分家前)唐津街道前原宿東構口は前原郵便局前の旧道を進みます。まずは和泉屋の「うなぎの寝床」の間口3間奥行き20間の屋敷に驚かされます。
旧道中半に辰美屋陶器店、その裏手に藩主の別邸「御茶屋」、現法林寺があります。
街道西側構口手前にある追分石を過ぎると、市役所横の丸田池に出ます。この湖畔の菖蒲の見頃や、この場所がかってはオートレース開催場であったことなど話ながら湖畔を回りました。
次の目的地前原駅南側の丘にある笹山公園に行く経路を、前原駅構内を抜けて南出口に出ました。この南出口はあまり知られておらず、参加者も「こげなウォーキングは経験なかバイ」と大喜びでした。しかし高度僅か80㍍弱の笹山公園はまだ桜にほど遠く、登って行くのも大変でしたが、こんな駅近くに素晴らしい公園が整備されていることに嬉しくなりました。此処での見晴らしは糸島文化の発信源である街を一望できるので、満開の桜を想像しての昼食は楽しいものとなりました。
昼食後は老松神社から火伏せ地蔵を巡り、夏の山笠、正月の「うそ換え神事」の賑わいを知りました。次の目的地「プティールハーブ園」に向かう途中にある「県立糸島高等学校」前の湖畔で、近くにJR新駅が出来ることや、この学園内に文科省認定の「歴史資料郷土館」が在ることの説明を受けながら歩きます。ハーブガーデンは春を待つ香草が芽吹いていました。温室内ではハーブ教室が開催されていて一足早く春の訪れを感じ取ることが出来ました。童夢のパン工房で一休み。此処までの万歩計は一万歩を越えていました。もうすぐゴールの伊都文化会館が見えて来ます。
本日の万歩計は一万二千歩、約7キロメートルでしょうか、見事30名が無事に完歩致しました。 晴天に恵まれ、ガイドさんの説明を楽しみ、お土産の「博多蕾菜」を頂き、
最後は「イトゴン」の出迎えを受けて「伊都国マンポー」 は最高の船出となりました。

次回、第2回「歴女・史男の伊都国マンポー」予告  
終戦70周年記念ウォーキング「糸島半島の第二次世界大戦遺跡を探索」
      担当ガイド : 岩田康則・常盤由美子・末松麻紀(糸島観光フレッシュガイド)
開催日:5月中旬頃(日)。 集合場所 : 引津運動公園駐車場予定
    集合時間 9:30 出発:10:00  (詳しくは観光協会ホームページ参照)